節約FPのトクトク日記

お金に振り回されない人生を 損してトク取れ

事務所のホームページが完成しました

f:id:and7plus:20201231154111j:plain
こんにちは、マナブです。
この度、事務所のサイトを新しく作成しましたのでよろしければご覧ください。

FP事務所の仕事内容

FP(ファイナンシャル・プランナー)とは金融、税制、不動産、住宅ローン、生命保険、年金制度などお金に関する幅広い知識を活かし、お客さまの将来の夢や目標を叶えるライフプラン「人生設計」の作成と実現をサポートする人のことを言います。
具体的に何をするのかというと、ライフプランや家計の状況に基づき、家計や住宅ローンの見直し、教育資金の準備、老後の生活設計、資産運用の方法など、さまざまなお金の疑問や不安にお答えします。

相談するのが面倒な人はオンライン相談を利用してください

2020年末の株式市場は30年4ヶ月ぶりの高値をつけたりしましたが、まだまだコロナの影響も大きく生活が豊かになり、お金の心配をしなくていい方は少ないのではないでしょうか。なんとなく不安を抱えながらも毎日の生活が忙しかったり、調べたり、出かけたりするのも面倒だったりするのでお金の不安を見て見ないフリをして後回しにしている人も多いのでは? しかし、「分かってはいるけど、わざわざ専門家に相談するなんて」と、敷居が高いのも事実です。
そこで、くすもとFP事務所ではオンライン相談専門サイトを開設し、ZoomやLINE、チャットやメールで相談していただけるようにしました。

よかったらサイトを覗いてみてください

色々なお金のことでお悩みの方、不安のある方は先ずはサイトをご覧ください。きっと悩んでいたことや不安に思っていたことが解消できるはずです。オンラインなので日本全国どこからでも相談出来ますので、興味のある方は是非一度ご覧ください。

www.kusumoto-fp.com

図書館で借りた本 勝手にランキング

f:id:and7plus:20210223115613p:plain

こんにちは、よく行く本屋さんはTSUTAYAマナブです。本は見るのも読むのも好きですが、節約FPなのでよっぽどじゃないと買いません。なので、僕の読書スタイルはKindleで読むか図書館で借りて読むことにしています。図書館で借りると2、3週間で返却しないといけないので、内容を整理しておくためにもここで記録を残しておきたいと思います。

書評と言えるほどのものではありませんが僕が「独立や起業、WordPressやサイト運営デザイン」の参考になる本を厳選して借りていますので興味がある方は、ぜひ図書館へ行ってみてください。

 

今回借りた本はこちらの7冊です

 

f:id:and7plus:20210404222849j:plain

 

 

いきなり効果があるPR動画の作り方/シナリオ・センター 新井一

 YouTubeを活用したいなぁと以前から考えていたときに、よくあるおもしろ動画みたいなのではなくCMみたいなのを作りたいと思って手にしたのが「いきなり効果があるPR動画の作り方/シナリオ・センター 新井一樹」です。

一般的な解説本と異なり、PR動画を作るように社長から支持された動画制作初心者のスギヤマさんと一緒に動画制作を学んでいくようなストーリ仕立ての内容になっています。

チェックリストやワークシートが掲載されているので「商品の購買」「商品の認知」「理念への共感」「理念の認知」を目的とした動画作成にはこの本と同様の手順で作成していけば効果的な動画が作成できる思います。

 

ユーザーと「両想い」になるための愛されるWebコンテンツの作り方〜実践的コンテンツマーケティング集中講座〜/成田幸久

 ブログ、ランディングページ、自社サイトなど様々なWebコンテンツを作成する上で基本的な考えを知っておきたいと思いこの本を手にしました。

まだ自分が作ることで一杯一杯ですが、せっかく作ったコンテンツはユーザーと「両想い」になりたいじゃないですか。

編集者でコンテンツでレクターの著者がコンテンツ制作やライティングの心構えやテクニックをわかりやすく解説してくれています。

著者以外の有名編者へのインタビュー「コンテンツ侍に訊く!」も制作の舞台裏がわかる面白い内容でした。

 

個人事業の教科書 1年性/税理士 宇田川敏正

個人事業の教科書 1年生

個人事業の教科書 1年生

  • 発売日: 2020/07/01
  • メディア: 単行本
 

 表紙に「資格を武器にする方法」と書いてあったのでどんなことが書いてあるのか興味があったのと、個人事業主としては読んでおいた方がいいかなぁと思い手に取りました。

内容は知っていることが多かったのとネットで調べればわかることが多かったのでパラパラっとしか読んでいません。

経理とか手続きに詳しくない方、これから個人事業やフリーランスとして始めてみようかなと考えている方にはイラストで解説がしてありわかりやすいのではないかと思います。

 

「私、パソコン苦手です」という人のためのZoom時代のリモート営業入門 /朝倉千恵子

 「Zoom」「リモート営業」というキーワードだけで手に取りました。

正直、僕の読みたかった内容とは違いました。

私はこうやって成功しましたみたいな話だと感じたのと、本の書式が電子書籍みたいでイラストや図式化されたものが少なく写真も記念写真みたいな感じで読みにくかったです。

なので最後まで読んでいません。読んでいないのに感想をいうのもなんですが完読できないということはそういうことだと思います。

 

この一冊で全部わかる ビジネスモデル 基本・成功パターン・作り方が一気に学べる/根来龍之、富樫佳織、足代訓史 

 これから新しい事業を始めたり、今ある事業をさらに進化させるためにはどうしたらいいかと考えることがよくあります。

この本では実際の成功している企業の成功パターンの解説や、新しい時代のビジネスモデルの詳細などが数多く紹介されています。

ただ、紹介数が多すぎるのと内容が盛りだくさんなので2、3週間で読んでしまう内容ではありません。内容は面白そうなのでもう一度借りてじっくり読んでみたい本です。まだ、買いません。

 

YouTubeだからできる! 「テレワーク」営業術/菅谷信一

YouTubeだからできる! 「テレワーク」営業術

YouTubeだからできる! 「テレワーク」営業術

  • 作者:菅谷 信一
  • 発売日: 2020/11/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 こちらの本もジャケ借りならぬ「YouTube」「テレワーク営業」のタイトル借りです。

 YouTube制作のコツがわかる内容かと思ったのですがそうではなく、YouTubeはすごいということが書いてあるような内容だったと思います。

というのも、この本も書式が電子書籍みたいで読みにくかったのと文字の量が多くイラストや図式化されたものがあまりなく読みにくかったので完読できませんでした。

 

セールスコピー大全:見て、読んで、買ってもらえるコトバの作り方/大橋一慶

 今回、借りた本の中で一番良かったのは、この「セールスコピー大全」です。

ブログや広告、Webサイトなどを作成している方は言葉選びの難しさを実感している方も多いのではないでしょうか?

僕もブログやランディングページを作成するようになり言葉、コピーの重要さ、難しさを実感していたところ、「セールスコピー大全」というタイトルにひかれ手に取りました。

約380ページの結構分厚い本ですが、登場人物の「いろはちゃん」「いろは君」と一緒にキャッチコピーを学んでいく内容で、イラストや図表も適切に配置されわかりやすく解説してあります。

付録の「5秒でわかる! 売れるコピーのコツ100選」は、ブログやランディングページなどのコピーとして即使える内容でこれだけでも買ってもいいかなと思わせます。

 

まとめ

今回、図書館で借りた7冊を紹介しました。

今回の7冊も1冊平均は1,500円ぐらいするので、かなりお得に本を読むことができたのではないかと思います。

ただ単に借りた本を好き勝手に紹介するだけですが、僕と同じように「独立や起業、WordPressやサイト運営デザイン」の本を探している方は参考にしてみてください。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。
このブログが少しでも役立てば嬉しいです。

FP1級実技試験合格しました

こんにちは、マナブです。2021年2月13日に受験したFP1級実技試験の合格証書が届きました。

f:id:and7plus:20210316171549j:plain

実技試験は130点

合格証書も無事に届きようやくホッとしました。実技試験の面接ではうまく答えられたと思うこともあれば、あんな答えじゃダメなんじゃないかと色々思い出すたびに反省したり後悔したり試験が終わってからの約1ヶ月はモヤモヤした毎日を過ごしましたが、とりあえず目標が達成できたのでよかったです。

今後のためにも内容を知りたい

合格できたのはよかったのですが、合否と得点しかわからないので自分のどこがダメだったかという点はスッキリしません。合格通知書には文野別の得点は記載されていますが、面接で話した内容がどうだったのかは分かりません。気になっていることもあるので今後のためにもダメだった点は指摘してもらいたいものです。
f:id:and7plus:20210316171607j:plain

これからが大事です

FP試験だけでなく資格試験全般に言えることですが合格してからが大事です。特にFP試験は合格していないとFP業務ができないわけではなく資格があってもなくても仕事はできるしFPを名乗れます。実際に僕も1級に合格する前からお客さまの相談に乗っていました。
まだ、具体的に何がどう違うのかは分かりませんが合格する前の自分とは別の視点で相談業務ができるのではとイメージしています。知らないで損をしたり知っていても面倒だったりそういう人のお役に立てるようなFPを目指し色々なところで還元できるように可能性を探っていきます。決意表明みたいな内容のブログで誰の役にも立ちそうもありませんがとりあえずご報告でした。
f:id:and7plus:20210316171720p:plain

最後まで読んで頂いてありがとうございました。
このブログが少しでも役立てば嬉しいです。

contact form7 mulch step とGoogle form でヒアリングシートを作りました

こんにちは、マナブです。オンライン相談を申し込みされたお客さまに相談情報を入力していただくヒアリングシートを「contact form7 mulch step」と「Google form」で 作ってみました。kusumoto-fp.com
正確な現状把握を行い的確な問題解決策を提案するためには、お客さまからヒアリングする項目が多くなるのでシンプルで入力しやすいフォームを作ることが何より重要です。
結論から言うと今回は僕の力不足でcontact form7 mulch step は思ったように作ることができずGoogle form で作成しました。

f:id:and7plus:20210228173517j:plain

contact form7 mulch step の場合

こちらのサイトを参考にデザインは思ったように作れたんですが、入力しなくていい項目は非表示にしているはずが罫線だけどうしても残ってしまうことと、次のステップへ移動するためのmulch stepがうまく機能しないことを解決できませんでした。

kagesai.net
f:id:and7plus:20210228172350j:plain
デザインは良かったけど、機能を満たさなければお客さまのためにはなりませんので泣く泣く断念しました。

ヒアリングシートは面倒臭い

相談を受ける側は問題解決をするために、正確な情報を出来るだけ沢山収集し様々な角度から分析していきたいところですが、相談者の中には情報をあまり伝えずにいい加減にヒアリングシートを記入する方もいらっしゃいます。なぜ相談するのに情報をオープンにするのが嫌なのか? このことを自分のケースで考えたとき僕の場合は主に二つの要因があります。一つは「面倒臭い」もう一つは「個人情報を書くのが嫌」です。僕以外でもヒアリングシートやアンケートを書くのが嫌な人はこの二つの要因で適当に書くのではないでしょうか?
面倒臭いを深掘りしていくと、「考えるのが面倒臭い」「書くのが面倒臭い」「調べるのが面倒臭い」など沢山の面倒臭いことが出てきます。個人情報を書くのが嫌を深掘りしていくと「個人情報を書いて後から連絡が来るのが面倒臭い」「年収や貯蓄額を話すのが恥ずかしい」などではないでしょうか?
確かに調べたりするのや考えたりするのは面倒だしプライベートな事を知られるのは恥ずかしかったりするけど、それは問題解決のためにはとても重要な部分で、しかも自分自身でしかわからないことだからサポートできることも限界があります。

面倒臭いことを出来るだけ無くします

面倒臭いことをゼロにして家計診断や老後資金、住宅ローンなどのお金に関する問題解決はできませんが、僕たちはなるべく面倒臭くないようにFP相談ができる環境づくりを目指しています。
その一つとして「オンライン相談専門のFP事務所」を立ち上げました。年収や貯蓄額、家族構成などの情報は教えていただかないと解決策をご提案できませんが、オンライン相談専門なので、わざわざ出かけたりする必要もなくチャットや音声での相談なら顔や姿形を僕たちに見せる必要もなく名前や住所などの個人情報は仮名やニックネーム、都道府県までの情報で構いません。
f:id:and7plus:20210215195551p:plain

重要なのは問題解決できるかどうか

「思ったように貯まらない」「老後資金は大丈夫だろうか」「住宅ローンははらっていけるのか」長引くコロナ禍で年齢問わずお金に関する不安はあるとおもます。しかし、本当にどうにもならなくなるまで相談しない方がほとんどです。相談に踏み出せない要因が「面倒臭い」であれば僕たちに相談してみてください。きっと思ったよりも簡単に問題が解決できると思います。
f:id:and7plus:20210215195044p:plain

最後まで読んで頂いてありがとうございました。
このブログが少しでも役立てば嬉しいです。

iPhone7Plus バッテリー交換

こんにちは、iPhoneをiPhone3Gの頃から使っているマナブです。iPadApple watchの組み合わせが快適すぎてあまりスマホは使わないので、現在はiphone7Plusを4年ぐらい使い続けてます。しかし、ここにきてバッテリーの劣化がひどくなったので思い切ってバッテリー交換に挑戦してみます。
f:id:and7plus:20210223172433p:plain

機種によってネジが違う

iPhoneを分解するのはiPhone SE(初代)の画面にヒビが入って交換した時と、同じくバッテリー交換をしたことがあるので3回目です。バッテリーを注文するためにAmazonを検索してみるとバッテリー単体と交換用ツールがセットになっている方がありましたが、分解に必要なドライバーなどのツールはiPhone SE交換時の物があったのとツールとセットになっている方は300円位高かったのでバッテリーだけを注文しました。しかし、この300円をケチったのが失敗でした。iphone7からは特殊ネジにY字ネジが使われていて星型ドライバーだけでは分解できなくなってしまっていたんです。
f:id:and7plus:20210223170501j:plain

注文翌日のお昼に届く

途中までバラしていたのでマイナスドライバーなどで代用できないか、色々試してみましたが結局無理でAmazonでY字ドライバーを注文しました。注文したのが22日の23時50分ぐらい、荷物が届いたのが23日の14時ぐらいってすごくないですか? 23日が天皇誕生日でほんとに良かったです。Y字ドライバーさえあればバラすのは簡単なので意外と早く交換できました。
f:id:and7plus:20210223172502j:plain
f:id:and7plus:20210223172406p:plain

目先の利益にこだわらない

トータルでの豊かさを大事にしているつもりですが、ついつい目先の利益にこだわりバカなことをしてしまいました。先入観や固定観念でちゃんと検証せず先走った行動で失敗してしまうことがあります。ゆっくり落ち着いて判断することの大切さを改めて感じました。以後、気をつけます。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。
このブログが少しでも役立てば嬉しいです。

FP1級勉強方法 学科試験・応用編

こんにちは、マナブ @and7plusです。2021年2月13日にFP1級実技試験を受験してきましたので、学科試験合格から実技試験をまでの道のりをまとめていきます。今回は本番の試験では午後から実施される学科試験・応用編の学習法をご紹介します。
f:id:and7plus:20210223115555p:plain

学科試験応用編は得点源

FP1級試験の情報を検索してみると「応用編が得点源」「応用編で70〜80点、基礎編で40〜50点で合格」などの情報がよく出ていますが、確かにその通りだと思います。僕が受験した2020年9月の自己採点は基礎編が72点、応用編が80点で、合格者のほとんどが基礎編よりも応用編で高得点を取り合格ラインをクリアしていると思います。
f:id:and7plus:20210224193216p:plain

応用編の出題内容

応用編は記述式の問題が、①ライフプランと資金計画 ②金融資産運用 ③タックスプランニング ④不動産 ⑤相続・事業承継の5分野からの出題され、各々3分の1ぐらいは「語句を記述する問題」で残りの3分の2ぐらいは数値を算出する「計算問題」が出題されます。
応用編の配点は公表されていませんが、計算問題の配点が高く計算過程まで記載させる問題は解答が不正解でも部分点があると言われています。計算問題というと難しそうですが、出題内容はある程度固定されており、①ライフプランと資金計画では「年金額計算」②金融資産運用では「財務諸表」③タックスプランニングでは「法人税」「青色・白色申告」④不動産では「建蔽率容積率」「不動産の譲渡所得」⑤相続・事業承継では「株価算出」「相続税」などが定番問題で、過去問を解いてみると概ね各分野から3〜5問くらいの内容が輪番で出題されているようです。

本番試験のつもりで書いてみる

学習テキストは基礎編と同様の「きんざい精選問題集」と「過去問」です。勉強方法は「問題を解く」「同じ問題も何度も解く」です。
いきなり問題集を開いて初見で解けるかたはほとんどいないと思います。まず、1回目は答えを見ながらでも解答を導く式の流れを覚えたり、語句の整理をしていけばいいと思います。全然わからないからと言って絶望しないようにしましょう。計算過程も書いてあるのでじっくり写してみることで流れは理解できると思います。あとは、何度も流れを自分流に書いてみて手に覚えさせます。
ポイントは「必ず本番試験のつもりで計算式を書く」ということです。書く癖をつけて体で覚え込ませる、記述の時間も含めてどれぐらいの時間で解けるのかペース配分を掴むことが大切です。また、端数処理や細かい引っ掛けもあるので書いて勉強することでイージーミスがなくなり、さらには部分点の獲得にも繋がります。最後は部分点をどこまで拾えるかが大変重要になりので、この意味でも計算式を書くことをお勧めします。
f:id:and7plus:20210225191315j:plain

まとめ

出題範囲がほぼ無限大の基礎編の問題を予想するのはかなり難しいですが、出題パターンが決まっている応用編なら過去問や問題集を繰り返し説くことで対応可能だと思います。回数を重ねると過去問で8割〜9割ぐらい正解することができるようになります。これぐらいまで繰り返し問題を解くと自分の解答パターンができるので本番でも周囲の電卓の音に惑わされず集中して試験に臨めます。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。
このブログが少しでも役立てば嬉しいです。

FP1級勉強方法 学習法 学科基礎編

こんにちは、マナブです。2021年2月13日にFP1級実技試験を受験してきましたので、学科試験合格から実技試験をまでの道のりをまとめていきます。今回は本番の試験では午前中に実施される学科試験・基礎編の学習法をご紹介します。
f:id:and7plus:20210223115555p:plain

最初の目標はレベル感覚を掴むこと

基本的なFP受験に対する心構えやコツみたいなものは FP1級試験の受験者はほとんどがFP2級を受験したことのある方で、2級合格までの道のりで掴んでいるので大丈夫ですが、2級までの知識でいきなり問題集を解くことから始めてしまうと戸惑うことが多いと思います。なぜかというと同じ分野の問題でも内容の深さや広さが1級と2級ではかなり違いますので、ざっとでもいいからテキストにさっと目を通した後の方が解き始めても心が折れないと思います。まずは、テキストを「軽く全体像やレベル感を掴む」「知らない部分を補完する」「忘れていることを思い出す」感じで読んでみることから始めると1級と2級の違いが感じ取れると思います。

この時点ではまだ「暗記」の必要はありません。1級の出題範囲はそもそもの覚える分量がものすごく多いので、マーカーを挽いたりノートにまとめたりするのは問題集に取り掛かりどのように出題されるかをつかんでからにしたほうが無駄な暗記やノート作成に時間を使わずに効率的です。あくまでも目的は「軽く全体像やレベル感を掴む」「知らない部分を補完する」「忘れていることを思い出す」ことなので2週間ぐらいでテキストを読んでしまいます。
f:id:and7plus:20210223115613p:plain

問題集で自分に磨きをかける

僕が使った問題集は「きんざいの精選問題集」と「過去問」です。精選問題集の取り組み方は【①解く→②正誤を問わず解説を全て読み暗記→③間違えたところに付箋を貼る】を繰り返します。なお、付箋を貼った問題は次で正解したとしても剥がさずに貼ったまま折り曲げておきます。そうすることによって6分野のどこが苦手なのか、最終的に合格ラインを勝ち取るためにどの分野で何点以上とれるのかといった戦略を立てることができます。
過去問ですが、2年以上前の過去問は古いのでやりませんでした。過去問を解く目的は合格ラインをクリアしたかを図るためではなく、50問を連続して解く集中力の強化と、本番の試験同様に様々な分野の知識を次から次に呼び起こすトレーニングをするためです。基礎編は4択問題が50問出題されるので実質200個の選択肢を判別することになり問題文を読むだけでも思い込みや勘違いで読んでしまうこともあります。それを防ぐために過去問で本番試験の感覚を掴んでおきたかったのと、出題項目は6分野に一応分かれているものの特にタックスなどは全分野に関係してくるので分野にとらわれず知識を呼び起こすトレーニングをしておくことでイージーな勘違いを防ぐことができます。

FP1級試験は未知の問題が出題される

1級は3割ぐらい未知の問題が出題されるとも言われています。未知の問題には時事的な問題も含まれますので、事実上FP1級試験の出題範囲は無限大です。これがFP1級試験合格率が1割ぐらいにしかならない要因の一つだと思いますが、こういった未知の問題はFPとしてのセンスや読解力を問われているもので今までの知識を総動員し可能な限り持っている情報で頑張るしかありません。対策としては、日頃からテキストだけでなく様々なメディアの情報を収集し重要で正確な情報を整理しておくと基礎編は四択問題なのである程度は選択肢を絞れると思います。

f:id:and7plus:20210223115651p:plain

まとめ

学科試験・基礎編の勉強はやればやるほど未知の問題や新しい情報が出てくる沼にハマることもあります。6分野全てをパーフェクトに理解できることがベストですが、どうしても苦手な分野があると思います。僕の学科試験・基礎編の結果は、前半30問は7〜8割ぐらい正解できていましたが、後半20問は4〜5割ぐらいしか正解できませんでした。それでも合格できたのは得点源や苦手分野を自己分析し戦略を立てて6分野の勉強ができたからではないかと思います。FP1級試験は検定試験ですので合格ラインをクリアすることができれば合格です。基礎編と応用編で合わせて120点以上の合格ラインをクリアすることが最大の目標になりますのでしっかり戦略を立てて取り組むことが重要です。次回は学科試験・応用編の学習法を紹介します。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。
このブログが少しでも役立てば嬉しいです。